STAFF COLUMN一般公開中

  • 2020.12.30
    「音楽の灯り」

     改めて12月26日に行われたCHEMISTRY 2020 LIVE & STREAMING「Gift」にご来場いただいたみなさん、そして配信でご視聴いただいたみなさん、ありがとうございました!今年の想いをぎゅっと詰め込んだライブになったと思います。
     「Gift」というタイトル通り、今回のライブはお客さんへの“感謝の贈り物”というテーマもあったのですが、結果的にはこうしてたくさんのお客さんがCHEMISTRYを応援していただいているということを改めて感じて、逆に贈り物をいただいたというところもあるんですが、別のテーマとして「音楽という灯を消してはいけない」というのもありました。
     真っ暗で無音のなかからベースの音が鳴りステージ真ん中にセットされた街灯の灯りがついてライブが始まる。その灯りはまわりを明るくして暖かくしてくれて、灯りは終わった後もずっと輝いて全体を照らしてくれる。音楽の灯りを我々はずっとこれからも灯し続けなくてはいけない、そんなメッセージをあの街灯で表現してみました。
     本編最後は「Crossing」で終わりました。歌詞の中に『例え遠く離れてても伝えたい鼓動』という箇所がありますがまさに気持ちはそう。MCでも言っていましたが、音楽という灯を灯し続けなければならない。『守るべきもの 信じるもの 受け止めて その先へと』、そんな気持ちが今回のライブで伝わったら嬉しいなと思っています。
     ライブが終わったあと、配信では2つのキャンドルの灯が燃え続けている絵が映し出され、そのキャンドルには「THE SHOW MUST GO ON」と書かれていました。CHEMISTRYは来年2021年がデビュー20周年を迎えます。これからもどんどん前に進んでいきたいと思いますので、2021年も引き続き応援のほどよろしくお願いいたします!
     個人的には、終演後のキャンドルが燃え続けているとなりで、みなさんがコメントで盛り上がっている様子がめちゃくちゃ嬉しかった!最高です!


    スタッフ1号

    ※写真は「Gift」公演より

  • 2020.12.24
    「Gift」

     気付いたら12月24日!クリスマス・イブです!というか今年も残り数日で終わりです。いろいろあった2020年ですが、12月26日(土)に有観客・生配信という形で今年最初で最後のCHEMISTRYとしての公演ができることに感謝しております。ただいまその「Gift」公演のリハーサルが終わってこの原稿を書いています。若干テンション高めです。
     リハーサルが終わって感じたことは堂珍・川畑のふたりのこの「Gift」に対する想いが強いということ。とにかくこの1本に懸けている気持ちがリハーサルの様子から伝わってきました。もちろんふたりだけでなく、ライブを支えるミュージシャンやスタッフからもその熱い気持ちを感じます。
     「Gift」、もちろん“贈り物”という意味ですが、いろんな贈り物があると思います。今年ライブが出来なかったという想いからくる“お客さんへの贈り物”という意味もあれば、これからの未来に捧げる“贈り物”という意味合いも今回のライブにはあるのかなと思いました。音楽をはじめとするエンターテイメントを消してはいけない、続けていかなくてはいけない、そんな気持ちというか。
     今回有観客ライブだけでなく生配信も行います。配信は配信での仕掛け・演出もちょっとありますので是非最後までご覧いただければと思います。もちろん会場に来られる方は、こちらもガイドラインに沿ったコロナ感染対策もしっかり実施しておりますので、体調管理にお気をつけてお越しください。
     生のライブでも配信でも、音楽に対する想いや熱を今回の「Gift」公演で感じられると思います。是非受け取っていただければと思います。いっしょに音楽の灯りを灯し続けましょう!テンション高くてすいません!


    スタッフ1号

    CHEMISTRY 2020 LIVE & STREAMING「Gift」
    日時:2020年12月26日(土) 開演:18:00
    ▼視聴チケットのご購入はこちらから
    https://chemistry-club.net/4723214993/ (Stagecrowd)
    https://l-tike.com/gift/ (ローチケ LIVE STREAMING)

    ※写真はGiftのリハ風景。

    "